センサー反応による撮影システム

センサーが物の存在を感知すると、カメラによる撮影を行うIoTシステムの紹介です。

 

人感センサーやMotion(通常時の画像と、ある物体が存在する時の画像を比較して物の存在を検知する機能)が物の存在を検知すると、写真撮影を行うことが可能です。

 

例えば、現在の社会問題として「自転車の逆走による事故が発生している」「首都高速道路だけで自転車や原付、歩行者の誤進入が年間400件発生している」という問題があります。

 

活用例として、上記の技術(人感センサー・Motion)を応用することによって、逆走自転車・誤進入者を感知するたびに撮影を行うことができます。

 

逆走自転車や誤進入者の発生の度にカメラによる撮影を行い、撮影した写真をメールで送信することも可能なので、トラブルの発生状況の把握に便利です。

 

 

以上のようなシステムを組み込んだ製品をご提案しています。

活用例はあくまで一例です。お客様の「困った」に以上の技術を応用して応えさせていただきます。

ぜひご相談ください。