トンネル内非常電話ボックス (TT-C 引戸型)

特徴
トンネル箱抜き壁面を利用したコスト削減
箱抜き壁面を利用し、扉+天井照明+取付柱のみを設置することにより、コスト削減を図りながらトンネル内における事故・火災等の非常事態の際に、外部の騒音に通話を妨げられないように安全・確実な緊急通報を手助けします。
標準仕様書 施設第05223号(非常電話ボックス標準仕様書準拠)

 

LED照明の採用
弊社独自電気設計によるLED照明装置により、地球環境に配慮した省電力化を行っております。
また光源の高寿命化((期待寿命8万時間)により、蛍光灯式と比べ、定期的な球替えの必要が無く、メンテナンスコストの削減にも寄与いたします。

 

防水型取付柱
取付柱(電話機設置用配線箱)全体を防水型としており、湿気による劣化を防ぎます

 

良質なメンテナンス性
基本構造を見直し、可動部品を容易に清掃・定期交換できる構造に改良を行っております。これにより長期のランニングにおける保全性の向上に寄与いたします。(2010年型より)

内部スペースの有効利用
中折扉型と比べ、内部有効スペースが多く取れるため、内部に各種機器(IP装置等)を設置する際にスペース確保することが容易となります。

 

お客様に合わせたカスタマイズ
設置場所、お客様の要望に応じた各種電気仕様・筐体仕様の設計変更及び製造が可能な体制を整えております。

 

基本性能
①防塵・防水構造
JIS C 0920のIP43を満たしております
②防音性能
-20dB以上(2000Hz帯域)
③サイズ
 W1115×H1983mm