温湿度計によるアラーム通知システム

温湿度計が一定の温度・湿度になると、アラームを発するIoTシステムの紹介です。

 

温湿度計が計測した温度・湿度が一定の数値(熱中症の危険度が高まる温度・湿度)になると、アラームを発して周囲の人に熱中症危険環境であることを伝えることが可能です。

 

また、厚生労働省「職場における熱中症予防対策マニュアル」の熱中症予防対策の事例として「熱中症の予防のためには温度・湿度・WBGT 値を測定し、その値に注意すること」とあり、職場において、温度と湿度に注意する事が推奨されています。

 

工事現場等の屋外が職場である場合、より一層の熱中症への対策が求められています。

その対策に上記システムを応用出来ます。

 

アラームによって熱中症危険環境であることが分かるので、職場環境の熱中症リスクを聴覚で判断することができ便利です。

 

以上のようなシステムを組み込んだ製品をご提案しています。

活用例はあくまで一例です。お客様の「困った」に以上の技術を応用して応えさせていただきます。

ぜひご相談ください。